【省エネ省コストへ】業務用エアコンに関する、法改正対策 – 伸栄産業株式会社

新着情報一覧

  • 2018.04.11【省エネ省コストへ】業務用エアコンに関する、法改正対策

◎業務用エアコンをお使いのユーザー様へ

 

現在モントリオール議定書を受けた「オゾン層保護法」に基づき、

特定フロンの製造・輸入に関する規制が行われています。

2020年には「フロン排出抑制法」に基づきR22冷媒が全廃され、

新規購入はもちろん、修理もできなくなります。

 

さらに管理者には

 

機器の点検記録の保管義務

年次報告・・・フロン漏洩量が1000CO2-t以下の者は所管する大臣に報告しなければならない

漏洩発見時の対応

機器の設置と使用環境の記録

 

などが求められます。

 

ただしこれらの法改正は負担増だけではありません!!

 

排出抑制法に対応することは、省エネ省コストにつながります。

機器の点検は突発的な機械の故障防止に、機器リストの作成は計画的な更新計画につながります。

⇒法改正は効率的な設備計画を立てる絶好の機会です!!!

 

そこでご紹介する商品が

ダイキン「MULTI CUBE」です。

 

【商品のポイント】

スポット空調なので省エネ

一人ひとりに快適を届ける個別制御+吹き出し温度制御

既設設備の邪魔をせず欲しい場所における→ダクト工事不要(冷媒配管のみ必要)

タフネス仕様

耐オイルミスト・結露しにくい2重断熱・ファンモータ長寿命化(2万時間→4万時間)

 

▼詳しい製品カタログはこちら

ダイキン「MULTI CUBE」について

 

皆様、

2020年のR22冷媒全廃に向けて、ぜひご検討を!

 

>> ご相談はこちらから